カテゴリーアーカイブ SMILE

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

SMILEには、◯◯があります〜森のようちえん☆森のたんけんたいの皆さんと「SMILE 第2章 聴き上手になる」

2016/06/21    あま市・名古屋市   雨のち晴れ

アドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に、家族の絆・安心感を応援します^_^

親と子の心を繋ぐ専門家     元保育士   澤田有心子です。

先ほど、春日井市にて、森のようちえん「森のたんけんたい」の5名のママと「SMILE  第2章  聴き上手になる」を終えました。(3名のママがお子様やご自身の体調が悪く、お休みされました。みんな大丈夫かな?!早く良くなりますように♡)

SMILEには、◯◯があります

それは、「課題」です。一章につき、7枚。その課題に取り組むことが、子育て中は、なかなか難しかったりしますが、テキストとともにプログラム化されたこの課題にとりくむと、客観的な視点で見ることができていき(本当に沢山沢山の気づきが生まれます!)テキストの学びが深まりますし、その後に繋がる大きな財産となっていきます。だから、無理強いはしませんが、お勧めしています^_^

課題をする、といっても

①意識する→②覚えておく→③段取りをして時間を確保する→④シートに記入する

ざっと大まかに考えても、これだけの流れが浮かびます。子どもと接しながら、その時々で書ければいいのですが、すぐに書く!!そうはいきませんもんね。だからこそ、難しく、だからこそ、財産になっていきます。

また、みんなと学び合うから、こそ、生まれる宝物は、子育てだけでなく、ママが、より幸せな人生を送る上で必要な宿題が詰まっていたりしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ私はその視点も大切にしていますよ^_−☆

 

四年前の課題が運んでくれた宝物

私がSMILEを学び始めたのは、4年以上前。当時書いた課題を読み返すと、超コントロール感満載で、高圧的な私だったことを目の当たりにして、アチャー(^◇^;)と思うところもありますが(ありえないことが一杯(汗))

同時に、自分なりに子どもたちのことを精一杯考えて、悩み、子どもたちのために、自分はどう変わったらいいのか、迷いながらもひたむきに頑張っていた私も、見つけることができます。

今の私は、その当時の私に

「大丈夫♡大切なことは、もうこの時にあったんだね♡あなたは、ちゃんと子どもたちに愛を届けていたよ♡」

そんな風に、あたたかく寄り添い、ずっと苦しんでいた罪悪感をも、マルッと包んであげられるのです。

課題、本当に書いていてよかった!!当時の私に  感謝しています(o^^o)

こんな風に未来の宝にもなると思うのです♡

image

 

できる範囲で課題を♡

今回の森のたんけんたいの皆さん、全員お子様が小さいので、大変だったと思いますが、皆さん、意識的に取り組んでくださいました^_^

嬉しいなぁ♡私もより一層やる気が出てきます♫

いつも読ませていただくと、ママのお子様を想う愛情に触れられたり、忙しい中でも頑張っていることがわかり、心がジーンとするのです。(それぞれ関わりが違い、実は私が学ばせていただいています)

ゆっくり読み、勇気づけコメント書かせていただきますね^_^

 

恐るべし、ロールプレイ!!

今日も「聴き下手」と「聴き上手」のロールプレイをしました。

お題は、子どもが学校に行きたくない。。。といった時。

いつも子どもたちやご自身の心と向き合っているからこそ、気づきもグググーーーーツときましたね(^◇^)

また、ちょっとした会話でも、今日はほんの15秒くらいでしたが、「母性性」と「父性性」の言葉をかけてみると、受け手の「感情の動き」が違うことがわかりました。

 

image

 

大切なお金と大切な時間をかけて、仲間とともに学ぶことを選択された皆さん。

あと、6回。SMILEの学びを通して、元々、心にいっぱいある愛情の生かし方を整えて、ますます幸せになっちゃいそうな予感^_−☆

今日の学びも、「素直さ」と「受容」いっぱいの時間となり、お一人おひとりの子どもたちへの「想い」を感じました。とってもあったかかったな♡

決して、エゴ、で学ぼうとされているのではない方ばかり。

私はそんなお母さんを応援したいの^_^

今後とも、皆さんらしさを大切にして、より豊かに学びを深められるよう努めていきますね♡

どうぞよろしくお願いしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

子育て中のママへ
♡子を想う母の愛はあったかい♡
子育ては、わからないことが沢山ですね。
でも、こうして、ブログを読んで学ぼうとするあなたの子育てもお子さんも、きっと大丈夫。
イライラしたっていい。
迷い、悩む勇気、持ってみてね♫
そして、1人でどーしようもなく苦しくなったら、学びにお越しくださいね!
優しい仲間が待ってるよ♡そして、幸せの扉が^_−☆(あくまでも私のメガネだけどね)

 

お申し込み・お問い合わせは、こちらから。

お問い合わせ・お申し込みは、こちらから。

お待ちしております^_^

image

 

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

始まるよー!【SMILE】〜子育ても人間関係も一緒に、アドラー心理学の軸を持って考えていきませんか?

綺麗事だけではすまないこともある、子育て・人間関係。

心優しい人ほど、きっと悩みます♡1人で悩まないで、学びにおいでね。

image

心にこんな願いは、ありませんか?

〇自分のことを好きになりたい
〇自分軸の人生を楽しみたい
〇人付き合いを楽しみたい
〇優しい母になりたい
〇子育てに自信を持ちたい
〇子どもや他者と信頼関係を築きたい
〇夫婦仲良くしたい
〇勇気づけの関わりを知りたい

こんな悩みは、ありませんか?

〇人からどう見られるかが気になって仕方ない
〇孤独を感じる
〇人間関係のトラブルによく巻き込まれる
〇子どものためを思っているのにうまくいかない
〇子どもにイライラをぶつけてしまう
〇自己嫌悪と罪悪感で苦しい
〇旦那さんに優しくできない

子育ても夫婦も、本当にー!きれいごとではすまない感情が生まれてきますよね。

これら
【アドラー心理学   SMILE】
を学ぶことで、解決のきっかけ・心の軸、をGETすることができます ^_−☆

「働く人のためのアドラー心理学」
「人間関係が楽になるアドラー心理学」
「感情を整えるアドラーの教え」
等々

数多くの本を出版されている
岩井俊憲先生が代表を務める
「ヒューマン・ギルド」開発のプログラム。

〇自分のことが好きになった
〇人の目を気にしなくなった
〇人付き合いが楽になった
〇勇気づけの関わりがわかった
〇イライラしなくなった
〇子どもが相談してくれるようになった
〇子育てで困らなくなった
〇夫婦の会話が増えた
〇家庭が明るくなった
〇心が整い、人間関係の軸ができた
〇他者と信頼関係が築けた

先日、SMILEを終えられた方々のご感想です。

 

お子さんはどう変わりましたか?
・困ったときに協力してくれる。
・子どもがアドラー心理学の漫画を読むようになった。
・子どもが友だちと話をしているとき、 アドラーを実践しているように感じることがある。
・「ギューってしよう」とくるようになった。
・言われる前に行動しようとすることが少しずつでてきた。
・前より学校の出来事を話すようになった。
・自分の気持ちを冷静に話してくれるようになった。
・こちらの言葉を素直に受け取ってくれるようになった。

 

SMILEを学んで、あなたは、どうかわりましたか?
・正の注目、負の注目を学んで、不必要に叱ることがなくなった。
・子どもの不適切な行動の理由を考えられるようになった。
・課題の分離が、ほんの少しできるようになった。
・職場で「勇気づけ」の言葉がけを意識するようになった。
・負の注目や正の注目、実践に向けて、 どういうところに意識を向けたらいいか分かりやすく学べ、心が整ってきた。
・少しずつだけど、子どもと親の課題の分離ができるようになり、楽になった。

 

お子さんや配偶者から、どんな評価がありましたか?
・「昔ならそんなこと言わなかったー。変わったね」としみじみと言われた。
・子どもは、母が勉強していることをなんとなく誇らしく思っているようだった。
・子どもに対して、優しくなったと言われた。
・お互い素直になれたような気がする。
・家庭円満です。

その他のご感想は、こちら。

等々、沢山の嬉しいお声をいただいています!

繋がりの中で共に尊敬・信頼し、自分らしく幸せを感じて生きることを目指す、アドラー心理学の勇気づけ。

是非、学んでみてください^_^

【  SMILE  】
愛と勇気づけの親子関係セミナー

①子どもの行動を理解しよう
②聴き上手になろう
③子どもを勇気づけよう
④誰の課題でしょう
⑤子どもを傷つけないで、意見を伝えよう
⑥体験を通じて、学ぶ機会を与えよう
⑦新しい家族のあり方
⑧社会性のある子どもに育てよう

津島市  夜・月に一回⭐︎全⑧回

①6月26日(日)②7月24日(日)以降〜 毎月一回第4日曜日
19時半~22時
◯8回で    38,000円(全て込み)
◯栄養倶楽部(津島のヨシヅヤ北テラス店東側)
〒490-1137 愛知県津島市昭和町3-17-1

お子様OK  あま市 月に1回🍀全⑧回

①7月16日(金)※夏休みの8月は、お休みとなりますので、
②は、9月16日  以降〜毎月一回、第4金曜日

10時半〜13時まで。

◯美和保育園横民家の予定。(人数により変更あり)

◯料金は、上記と同じ。

是非、一緒にアドラー心理学の軸を持って、子育ても人間関係も、考えていきましょう!

お待ちしております!

お申し込みは、こちらから。

image

 

🌸澤田プロフィール🌸

◯元保育士 ◯男の子三人の母
◯カウンセラー   〇色彩心理学キュービック カウンセラピスト
◯アドラー心理学  エルムトレーナー・SMILEリーダー
◯アドラー心理学ベースのコーチング
メンタルリセットマップ・マスター

夢だった「母」に、やっとなれたのに、認めたくない感情が沸き起こる自分にショックを受け、心理学を学び始めました。そして今「~悩み~そこに確かな愛がある」をモットーに、アドラー心理学を軸とする講座を開催。「母性発掘専門家・ママ達のお母ちゃん」として、家族の絆・安心感を応援しています。

人付き合いが苦手で、職場・育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感など、生きづらさに苦しみましたが、自尊心を育むアドラー心理学の勇気づけに出会い、人間は、善である〜ありたい未来を見据え、建設的な目的を持って、今ここを生きている〜この捉え方を土台として、どんな時も「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる心地よさに気づくことができました。

そして、「人との繋がりの中で、自分軸で生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。 いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^)

自分の不完全さ・未熟さを引き受けながら、 学び得たことを宝にして、〜アドラー心理学の勇気づけ〜 心を込めてお届けしております!!

【実績】
◯津島市保育士総会にて、講演
◯東京都小平市中央公民館にて 講座
◯あま市幼児教育 講座
◯チャイルドほーむ小田井園様 研修会
◯七宝こども園・神守南部保育園様 研修会

〜アドラー心理学〜
◯エルム勇気づけ勉強会 第38期
◯エルムリーダー養成講座 第9期
◯SMILE 第16期
◯アートセラピー

老若男女問わず、お申し込みお待ちしております。
ワイワイ楽しく、ときに、しんみり、豊かに学びましょう^_−☆

image

 

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

森のようちえん 「じゃん☆ぽけ」「こどもの庭」さんとのSMILE 終了しました。

2016/06/05   あま市・名古屋市   雨のち曇り。アドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に、家族の絆を応援します。

「母であることに誇りを持とう」

親と子の心を繋ぐ専門家     元保育士    澤田有心子です。ご訪問ありがとうございます。

 

ゆっくり進んできた「土岐市 じゃん☆ぽけさんの5名様と、こどもの庭の代表ばばちゃん、6名様でのSMILE」みなさん、仲間意識が高く、一緒に学んでいて、繋がりの力をしみじみと感じることができました♡優しいね♡

エルムから学び、初めの頃は、「でも、できない。。。」そんな言葉も聞かれることがありましたが、

SMILEでは「できないこともあるけれど、◯◯は意識できるようになりました」と、プラスの部分を見つけ、伝えてくださっていました。その変化が、とっても嬉しいです^_^

そして、繋がりを感じながら、アドラーの実践をコツコツと深めてみえました^_^  素敵✨

いただいたご感想、掲載許可をいただきましたので、お届けします。

image

お子さんはどう変わりましたか?
・困ったときに協力してくれる。
・子どもがアドラー心理学の漫画を読むようになった。
・子どもが友だちと話をしているとき、
アドラーを実践しているように感じることがある。
・「ギューってしよう」とくるようになった。
・言われる前に行動しようとすることが少しずつでてきた。
・前より学校の出来事を話すようになった。
・自分の気持ちを冷静に話してくれるようになった。
・こちらの言葉を素直に受け取ってくれるようになった。

 

SMILEを学んで、あなたは、どうかわりましたか?
・正の注目、負の注目を学んで、不必要に叱ることがなくなった。
・子どもの不適切な行動の理由を考えられるようになった。
・課題の分離が、ほんの少しできるようになった。
・職場で「勇気づけ」の言葉がけを意識するようになった。
・負の注目や正の注目、実践に向けて、
どういうところに意識を向けたらいいか分かりやすく学べました
・少しずつだけど、子どもと親の課題の分離ができるようになった。

 

お子さんや配偶者から、どんな評価がありましたか?
・「昔ならそんなこと言わなかったー。変わったね」としみじみと言われた。
・子どもは、母がアドラーやシュタイナーの勉強をしていることを
なんとなく誇らしく思っているようだった。
・子どもに対して、優しくなったと言われた。
・言葉はないが、お互い素直になれたような気がする。
・家庭円満です。

 

みーんな、学んで変わったところもあるけれど、すでに素敵な女性で、素敵なママでした💞

image

 

これからも、「ママらしい子育て」「家族の絆」「じゃん☆ぽけの絆」も!!応援しています💞

ご参加くださり、ありがとうございました✨
ご縁に感謝しています^_−☆

これで決まり profile

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

保育士仲間との学び 〜SMILE〜 子どもたちへ温もりが届いてると実感する時〜

2016年2月1日(月)仏滅   あま市・名古屋市 曇り。アドラー心理学の勇気づけで家族の絆を応援します。

母性を生かし、家族に安らぎを(*^^*)   親と子の心を繋ぐ専門家    澤田有心子です。

先日は、保育士仲間と勇気づけの学び✨SMILEでした。

〜不適切な行動には注目しない〜
〜適切な行動に注目する〜

元々、あたたかい関わりをしてみえた先生方ですが、学びを保育で実践してくださり
きっと、子どもの心に一生残るような人の温もりを届けられたのではないかと感じる出来事があったこと、お聞きすることができました。

これぞ、存在の自信・生きる土台となる自己肯定感の育みだとじーんとしました。

どんなあなたでも大丈夫だよ。
先生は、大好きだからね。

そんな心で無条件で受け止めてもらえる そんな 安心できる自分の居場所が、お部屋に、園にある🍀

子どもたち、きっと幸せ感じているだろうなぁ^_^と私の心も、ほっこりしました。

私はもっともっと、広げたい。

「知る」ことで、元々先生方が持ってるもりもりの愛情を もっともっと、活かしていくことができる🍀

そして、子どもたちも自分らしく、今を生きられる🍀

共に、豊かな毎日を作っていけると ご縁をいただけたみんなから教えてもらったから❤️

みーんな、みーんな「愛」だから🍀 活力がみなぎってきましたー(*^^*)

そして、この日、お祝いをしました。念願の資格取得!!

O先生、おめでとうございます!私もこの気持ちわかるから💖ほんと、嬉しい💖

image

ーーー

只今、募集中です。

エルム勇気づけ勉強会の詳細は、こちらから。

image

image

お申し込みは、こちらから。

リーダー資格を取ると、エルム勇気づけ勉強会が開催できるようになりますよ!

image

 
お申込みお待ちしております!
申し込みは、こちらから。

これで決まり profile

 

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

プラス・マイナス、どちらの感情も大切にして 進めていきます♪ 第15期 千種区 SMILE ~子どもの行動を理解しよう~ 

あま市・名古屋市で   アドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に   ママらしい子育て・幸せ親子の絆を応援しております

元保育士    親と子の心を繋ぐ専門家       澤田有心子です。 ご訪問ありがとうございます。

12月11日㈮ 名古屋市千種区 とあるマンションの スカイラウンジにて スタートいたしました。

エルム・SMILE・子育て心理学入門編も 6名様以上で 無料にて 出張講座開催致しますので、ご連絡くださいね。このグループは、どうしても 参加したい! 強い意志をお持ちのママから お申込みいただいておりましたが、やむを得ない事情により、、、泣く泣くキャンセルされました。Hちゃん・Yちゃん またね(^_-)-☆  というわけで、5名様での スタート。 奇数での皆様との 学びは、私も ペアーゲームに参加できるので、わくわくするところ♪  皆様、どうぞよろしくお願い致します♪

第一章 子どもの行動を理解しよう

私は、エルムではなく SMILEから学び始めたので、第一章から 「 えーーー?!?!?」 目から鱗の 学びでした。 でも、今は、そのとおりだと、納得しきりです。

まずは、勘と 度胸と 出たとこ勝負 の子育て(笑) ではなく、納得 楽しい ためになる 子育 に向かっていけるように 「子育ての目標」 を考えていきました。

今日の皆様の キーワードは、自立・社会貢献・寛容・社会性・意志 でしたね。

 

親が子どもに対して示す関心を 三つに分けます

まずは 関わりを、正の注目と負の注目・そして、無視。この三つに 分けて考えていきます。

〇正の注目は、褒美・褒め・勇気づける行為です。

〇負の注目は、禁止・命令・罰を使って、子どもを支配しようとする行為です。

〇無視は、無視ですね。

褒め・叱る・罰、など 言葉にも定義があり、お伝えしています。 アドラー心理学では、人の一番の欲求は、所属の欲求と捉えていきます。そこから考えると、うんうん、そうかそうかと 納得できていきます。

 

「注目しない」は、無視にならないの?

この一章で、今までで 一番 聞かれた ご質問は、勇気づけの「不適切な行動には、注目しない」という理論に対して、「注目しないは、無視にならないのですか?」「育児放棄になりませんか?」という内容です。

その答えは、「はい、なりません」です(^_^)  それは、

「適切な行動に注目して、その上で、不適切な行動には、注目しない」ということだからです。なので、ご安心くださいね(^_^)   千種区のママは、エルムでも触れていたことなので、なじんだ感じでしたね(^_^)

 

今後 皆で考えていきましょう と 宿題になった こと

それは、社会・会社では、業績を上げると、上げたら、〇〇旅行・お給料アップ、というような「褒美」や「賄賂(笑)」を 提示することで、社員さんの やる気アップを狙うこと が よくありますが、それは、いいのでしょうか? というご質問からでした。家でなくしたとしても、学校や会社では、なくならないと思いますしね。その迷い、よくわかります。

 

人は、関わりの中で 必ず何かを学んでいきます。

「業績(成績)を上げると、〇〇がもらえる」「業績(成績)を上げたから、〇〇がもらえた」 ここから、社長・会社・私たち親は、何を届け、社員・子どもたちは、何を感じ 得ていくのでしょう。

勇気づけの子育てで、いつも公式のように 心にとめておいてほしい 言葉があります。

それは、  「 親が ~~~ したら、子どもは何を学ぶのでしょう 」 これは、人間関係全般にあてはまります。

また、3章の 子どもを勇気づけよう の章で 触れていくことでもあるので、それまで、ご自身の中で深めていただけたらと思います(^_^)

 

見つめ 考え ~ 感情と共に学ぶ ~ ことを大切にしたい

SMILEも エルムも、学びの中で、すっきり!ワクワク♪ という 私たちが 好む感情も 沢山味わえると思うのですが、不安や疑問、モヤモヤなど 私たちが できれば避けたいと思う感情も 沢山湧き起ってきます。私は どんな感情も 大切に 味わってほしいと思っています。

そこに 子どもが! ママが! パパが! 家族という繋がりの中で アドラーが大切にする 共同体感覚を感じながら  「 自分の人生の主人公になる 」 Happy key が 隠れていると思うから(^_-)-☆

あと7回、貢献感一杯の優しい皆さんと共に学びを深めていけることがとっても楽しみです♪どうぞよろしくお願い致します。

 

ランチへ~

ビストロ文化洋食店にて~(^_-)-☆ 写真をすっかり取り忘れ、みんなの可愛い笑顔も、おいしい料理もお届けできませんが(T_T) とにかく 美味しかったです。 お値段も Good!!ですよ~♪

こんなことは初めてですが 写真より、実物の方が、めっちゃ素敵でした。また 行きたいな♪

150x150_square_37549024 640x640_rect_37549011

 

 

 

 

 

 

○最新企画情報は、こちらから。

○お問い合わせ・お申し込みは、こちらから。

お気軽にどうぞ~(^-^)/

received_459545840904569

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました

 

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

第12期 あま市 SMILE ~誰の課題でしょう~

こんばんは。あま市・名古屋市で   アドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に   ママらしい子育て・幸せ親子の絆を応援しております

元保育士    親と子の心を繋ぐ専門家       澤田有心子です。 ご訪問ありがとうございます。

SMILE   を終え、楽しくおしゃべり(#^.^#)  そして、ランチのあと、スーパーヘ。

ふと、空を見上げると、パステルで色付けしたくなるような   鰯雲☁       空を見上げての深呼吸(^-^) はぁ~気持ちい~い❤    鰯雲の次の日は、雨だっけ?

15-12-09-16-18-50-162_deco

 

今日はあま市にて、6名のママとSMILEでした。またまた、お菓子がいっぱい(笑)みなさん、いつもありがとうございます(≧∇≦)   女子は、甘いもの必要ですね🍀

第3章    子どもを勇気づけよう    振り返り

まずは、振り返りから。3章の課題には、勇気づけをして、記入するところがあります。

ここは、うーん。。。勇気づけって?!あれ?!と、戸惑うところでもあります。私、とっても   わかります。なんせ、私は「褒めること命!」くらいに思っていた幼稚園教諭時代を過ごしてきましたので(^.^)      褒めると勇気づけ、この違いが、腑に落ちるまでに、一年近くかかっております(笑)

課題の大切なことは、これは、勇気づけ?!ほめる?!そんな風に  意識して、迷いながら、考えていくことだと思っています。そのままをご記入くだされぱいいですよ🍀

意識されている時点で、もう勇気づけママですもんd(⌒ー⌒)!          そして、褒めることも   ×    ではないですからね🎵

 

第4章   誰の課題でしょう

基本は、子どもの課題か親の課題に分けられます。が、協力の手続きとして、共同の課題があります。でも、自動的に共同の課題になることはなく。。。

この章は、私の育児の大変換のきっかけになった章。課題の分離ができていないと起こること、すべてに当てはまっていましたから~

ρ(・・、)えっ?!うちの子どもたち、私がしすぎていたから?!だからか。。。!!  あいたたたたーーー(>_<)     となったことを思い出します。

それが、全てではないにしても、理由がわかれば、私の行動を  余裕があり  気づいたときに  少しずつ変えることはできました。それから、コツコツ根気よく、誰の課題?!  意識していきました。

今日は、すでに課題の分離を意識されてみえる方もいらっしゃり、楽になったとお話しされていました。また、今回、はじめて学ばれた方も、子どもとの関わりを、冷静に見つめ、気付きを深めてみえました。

朝の支度・きょうだい喧嘩など、学び合いの中から、違う視点で  見つめることもでき、新たな思考や関わりの 引き出しができたのではないかな  と思います。

是非、この年末年始、自己勇気づけも忘れず、(←ここ大事!!)意識を育ててほしいと思います✨

子どもたちにとって  何よりの勇気づけは、

できてる  できていない、ではなく、

子どもたちのために、勇気づけを学び、迷い悩みながらも、学びをいかしていこうとするママが家庭にいる❤ だと思っています。

ダメなところを正す、足りないところを補う、のではなく、大変な子育ての中、至らないと感じるところがあるかもしれないけれど、

わたしは、よくやっている❤そんな風にまずは、認めるところから、スタートしてほしいですd(⌒ー⌒)!

だって、すでに  素敵なママだもん🎵

お休みの振り替え

今日は、お二人の方が欠席されました。

お一人は、ご都合で、あらかじめ 集中コースへのお振り替え済み。

そして、風邪を引かれた、Mちゃん。大丈夫ですか?  参加したい気持ちを抑えて、他の方にうつしてはいけないからとお休みに。優しい配慮をありがとうございます(^ー^)

マンツーマンも有料にて承りますが、複数で学ばれることを断然!おすすめいたしますので、他の期の皆様と  是非、学んでくださいね。

どうしても、モヤモヤが。。。そんなときには

第4章~山場に入ります。葛藤も起こるかと思いますが、応援しています!

どうしても、モヤモヤして  苦しい。。。そんなときには、カウセリング、ご利用くださいね。

こつこつと、勇気づけママの道を歩んでいきましょう🍀

今日も1日、お疲れ様でした。ありがとうございました🍀

 

○最新企画情報は、こちらから。

○お問い合わせ・お申し込みは、こちらから。

お気軽にどうぞ~(^-^)/

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

IMG_1110

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

第10期 春日井 SMILE ☆ 四人で勇気づけを意識し、人格を尊重する 信頼・尊敬・共感、対等の関係 を育んだ 素敵な素敵な8ヶ月でした。

こんにちは。あま市・名古屋市で アドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に ママらしい子育て・家族の絆・安心幸せ笑顔を応援しております

元保育士  親と子の心を繋ぐ専門家  澤田有心子です。 ご訪問ありがとうございます。

春日井  SMILE   最終日

12月7日(月)   今日は、春日井にて、第10期   SMILEを終えました。五月から、のんびりのんびり、3名の暖かいママと 進んできました。

課題も  毎回  意識され、苦しくとも    子どもたちやご自身の心と向き合い   学びをいかしていこうとされる その姿に、私は、

母親って、こんな風に子どもたちのことを    優しく   暖かく  そして、たくましく  大切に 愛そう   って 思っているんだなぁ~

だからこそ、ママは、悩むんだ。。。   そんなことを  しみじみと感じました。

母親って 。。。 母親業 。。。 って ほんと   偉大です。

勇気づけって?

最後の課題に、勇気づけの対応を書くところがあります。あれ?勇気づけって?と  疑問に思い、第3章を  振り返られたそうです。

でもね、大丈夫(^ー^)   第3章に書いてあるのは、勇気づけの技術☆   みなさんは、もっともっと大切な、 勇気づけの態度を  心で学び、修得してるから。

お話を伺ってみると、やっぱり♪   課題の分離ができない時にも、そのことを 客観的な視点を持ち、ご自身で理解し、意見ことばやお願い口調で 子どもの 自尊心を大切にしながら よく考えて言葉がけをされてみえました。

完璧を目指さなくても 大丈夫。 信頼と尊敬と共感、対等の関係 意識できているだけで、もう伝わってる🎵勇気づけママ。

その関わりから生まれている 子どもの感情が 全く違うはずだから(^^♪

課題から  感じること

毎回、思うのです。それは、子どものひた向きさ。我慢したり、喜んだり。

🌼    世界の中心で   愛を叫んでる    🌼

お母さんが  大好きだーーー!! って。

思春期になっても、たとえ、大人になってこじれたとしても、お互いに   心の鎧を外し、素直になったなら、母と子、相思相愛。そんな話題にもなりました。

願い

ママも子もパパも   素直でいられ、愛し、愛されていることを実感できますように。そして、安心できる 家族の絆が   より  できていきますように。

素直が一番d(⌒ー⌒)!

今後

エルムリーダー養成・エルム再受講・SMILE再受講など、受講の   ご希望を承りました。

次回は、場所をうつし、千種区で行います。

お気軽に&お問い合わせ・お申し込みくださいね。こちらから、どうぞ~

 

Yちゃん   Tー    Kちゃん

私を見つけ、信頼して  くださり、今後も❗そのお気持ち嬉しいです🍀

ご縁に心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

今後とも   よろしくお願いいたしますd(⌒ー⌒)!

1446353057827

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

☆第13期 SMILE☆ 土岐市 森のようちえん じゃんぐる☆ぽっけ の 6名の皆様と進行中♪ 

こんにちは。あま市・名古屋市で アドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に ママらしい子育て・家族の絆・安心幸せ笑顔を応援しております

元保育士  親と子の心を繋ぐ専門家  澤田有心子です。 ご訪問ありがとうございます。

12月5日㈯ の5名の皆様(お一人お休み)と SMILEを 学びました。いつもいつも 写真を撮り忘れてしまい。。。今日も危なかった―(;一_一) といっても、午前中で帰られた Aちゃん親子 一緒に撮れず。。。ごめんちゃい。🌺 可愛く加工してみました 🌺 どうかしら~(^o^)丿

第5章 子どもを傷つけないで意見を伝えよう。

この章は、頼み方と感情です。頼み方も ①主張的 ②非主張的 ③攻撃的 ④復習的 四つあります。

復習的 って 「 こわ~い 」 な~んて声も 聞こえてきますが、ロールプレイでは 「えっ?!」してるし~~~(笑)(~_~;) 私も キョエ~~~っとなったことを思い出します。

あとは、命令口調・お願い口調、事実ことばと意見ことば。ワークでは、主観的意見がこうも多いのかと驚いてしまいます。

エルムでも触れていますが、日常の子どもとの関わりの場面から、意見ことばにすると? この言い方は お願い口調? 即興ロールプレイを取り入れながら みんなで考えていきました。

SMILEってすごいな~ そして、何より  ママの愛情は あったかいな~深いな~と感じるところ。

段々と感情を使わずに お願い口調や意見ことばで伝える意識が育っていくことが 伝わってきます。

第6章 体験を通じて学ぶ機会を与える。

この6章は、学びがモリモリ入っています。 〇目的論。 〇ことわり方。~ことわり方にも 頼み方と同じで、4つあります~  〇自然の結末・論理的結末  〇話し合いを通じての結末を上手に使う など~

モリモリ過ぎて 内緒です(^_^)  出来事・人、どこにも × はない、そんな気持ちで 進めていきました。お昼からは、暖房も入り 眠たくなる時間でしたが、沢山、話し合い、学びを深めていき、最後は、目がキラ~ン としていたように感じました。

子どもたちも、長い時間でしたが ママたちに 協力してくれました♪ ありがとうね~(^_-)-☆

ご感想をいただくと

感想をシェアし合うと、また、そこで気づきが生まれます。そして、「わかってはいるけど、なかなかできないんです。。。」という言葉で、最後を締めくくる方がいらっしゃいませんでした。

「できないことも沢山あるけれど、~~~意識していきたいです。」というような言葉に。ちょっとした言葉の遣い方の違いですが、感情が、随分 違いますね。

代表のいっちゃんから いただいた この言葉からもわかります。

〇 昨日の内容は  「あーー、案外できてなかったことがいっぱいあったな」 と感じた内容でした。 そして、できていない自分を責めるわけではなく、できていないと感じた部分がいくつか明確になったことで、次に取り組んでみたい部分が明確になったイメージです。

エルムからご一緒している じゃん☆ぽけの6名様(この日は、5名様)。

勇気づけを取り入れていくと決め、でも、肩の力を抜いて、仲間と共に のんびり子育てされている そんな空気感がとても好きです。     一人じゃないって、本当に心強くいられますね(^_-)-☆

是非、完璧ではなく、不完全である勇気をもって♪ 「できるときに・できることを・できるだけ」精神で♪

出来ているところ、少しでも意識できている自分を認め、そう思えたときの「 感情 」を育てながら、コツコツと歩んでほしいと思います。

最終日は、3月になりそうですが、それまで、ゆっくり皆さんとの関わりの中で、深めていってくださいね。

 

ありがとうございました(^^♪

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

第12期 あま市 SMILE 子どもを勇気づけよう。

こんにちは。あま市・名古屋市で   アドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に   ママらしい子育て・幸せ親子の絆を応援しております

元保育士     親と子の心を繋ぐ専門家     澤田有心子です。     ご訪問ありがとうございます。

第3章    子どもを勇気づけよう。

11月11日(水)  あま市にて、7名の方々と学びました。Facebookにちらっとアップさせていただいたので、遅くなってしまいました。ごめんチャイ。

15-12-02-10-03-23-449_deco

15-12-02-10-02-51-700_deco

  幸せ  おやつタイム

ほんと、幸せの味がしました(#^.^#)      私からの 100円のおにぎり一個が  人気店のブラウニーに変身!!姿をかえて帰ってきたのです。Tちゃん   ありがとうございました(≧∇≦)

FB_IMG_1449061517292

 

ロールプレイで 感情が

やっぱり、1フレーズずつのロールプレイで、盛り上がりましたよ~。 知識だけではなく、子どもの立場になって体感しながら学べるので、これからの関わりに  いかしていきやすいのです(^ー^)

だんだんと、お互いの心の距離も縮まり、笑顔も声も活気が出てきて、私、ワクワクしていました♪

 

「えらいね~」の感じ方

「勇気づけ」と「褒める」の違い。この「えらいね~」の感じ方が、まちまちでした。

○えっ?!えらいって、なにが?!意味がわかりません。

○上から目線でイヤー!

○えらいって言われると、認められて、嬉しい♪

何が正しいということではないのですが、日常生活の中の場面に当てはめて、ロールプレイをし、感じ方をシェアしました。

受講者さんの  絶妙な切り返しで、新たな気持ちに気づかれた場面もあり、ユーモア力に拍手でしたd(⌒ー⌒)!

あなたは、「えらい!」どう感じますか?

 

ご感想

Facebookのコメントで、こんな言葉をいただきました。

○ゆみちゃん、今日も楽しく自分自身と向き合うことができました。ありがとうございま~す❗今日も皆さん、素敵すぎるぅ~💕

○楽しかったです!次回を楽しみにしています!

あと、こんなお声も。

「褒めることは、いいことだと思っていたので、褒めて褒めて育ててきました。今からでも  遅くないですか?」

私も同じでした。そして、気づけたこと。褒めることも、100%  ×  ではないということです。

ちゃんと向き合ってきた証拠。そして、正の注目してますから♪ただ、偏ると副作用がある、ということです(^ー^)

お子さまも勇気づけられたときと褒められたときの二つの感情を味わえて、自分自身でコミュニケーションを深め、選択することができていく等々

今までのことが、宝になっていきます(^ー^)

 

そして、いつからでも、遅いことはないですね!気づいた   その時が   、その時(^ー^)我が家も中学生に入ってから、本格的に学んでいますし♪

実際に、私は、40歳から変わり始めましたから~(笑)

子どもも、子どもの人生を生きています。ママが全て、引き受けなくても大丈夫☆

~安心して、ボチボチいきましょうね(^-^)/

次回は、12月9日(水)です🎵どうぞよろしくお願いします✨

 

🌺只今、募集中の講座は、こちらから。

🌺お問い合わせ・お申込みは、こちらから どうぞ。  お気軽に~(^_^)

IMG_1096

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

第14期 あま市 SMILE 第3章・子どもを勇気づけよう。第4章・誰の課題でしょう。

こんにちは。あま市・名古屋市で   アドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に   ママらしい子育て・幸せ親子の絆を応援しております

元保育士    親と子の心を繋ぐ専門家       澤田有心子です。ご訪問ありがとうございます。

先週、11月28日(土)  あま市にて。午前中は、7名様・午後からは、9名様と学びました。

15-11-30-20-31-27-352_deco

15-11-28-18-15-36-295_deco

 

第3章    子どもを勇気づけよう

ちょっとしたフレーズのロールプレイ。でも、感情が動き、子どもの気持ちになって考えていくことができます。

一つ一つしていくと、うわー!そうかー。。。でも、このいい方しちゃうなー。。。

わかってるんだけど、子どもにはー。。。そんな声も聞こえてきました(これは、エルム第4章ですね)

拡大鏡でみてるー♪  に気づく、ロールプレイも、そうそう!!お互いに 伝え合い  納得されていました。

さて、このロールプレイは、どんな場面でしょう?受講されたときのお楽しみーd(⌒ー⌒)

 

DSC_0032

 

第4章    誰の課題でしょう。

子どもが小さいと、「保護」が必要なので、ついつい、親の私たちは、子どものためにーと、手出し口出ししちゃうけれど、

勇気づけは、困難を克服する活力を与えること。

子どもたちが、責任をもって、自分の人生の主人公になっていけるように、課題の分離をしていきます。

この章も、えーっ!!なるほどー!!もやもやするー!!くくくるしーーーいρ(・・、)いろいろな感じ方があります。

ここから、学んだからこそ、特に  苦しくもなるところ。でも、楽にもなっていくところでもあります(^_^) どちらも、信頼の世界へと、スタートを切ったということなので、みんなで、乗り越えましょーーーう(^-^)/

不安と恐れからの子育てではなく、信じる愛の子育てへ~(*´∀`)♪

 

後日いただいた   ご感想

子どもの課題に入り込まないようにと思いつつケンカに入ってかき回して泣かせて…ってこともまだあるのですが、

見ていると自分達で解決しています。ずっと見守ろうと思っていたのですが、見守るから私は口出したくなるんだなぁ…

そうじゃなくて    「信じる」     という感じが   少しですが   わかったような気がします。
何度も  由美子さんから聞いていたことなのに     少し  しっくりきたという感じです。

そして、毎日…とはいきませんが、自分の良い出しをしています。
いやいや…と否定したくなりますが気持ちがいいですね🎵
自分を責める事しか出来なかったので新鮮です。

また  波はあると思いますが、ボチボチ行けたらなぁと思ってます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Hちゃん     ありがとうございます。とっても嬉しいです。自分で責めることしかしなかったHちゃん。よい出しが新鮮って思えるくらい心が喜んでいるのですね♪

そうそう、波乗りしなからの♪ボチボチが一番の近道☆  どんな自分も大丈夫(^ー^) 自分自身のことも信じる気持ちをもって、どうかボチボチ歩んでくださいね🍀

感謝です。

みなさん、お一人おひとりの人間力のおかげで、安心安全な空間ができ、それぞれの個性・違いがSMILEの学びを深めてくれました。感謝!!ありがとうございました。

来月も、よろしくお願いいたします!! 今から とっても楽しみです。

 

🌺只今、募集中の講座は、こちらから。

🌺お問い合わせ・お申込みは、こちらから どうぞ。  お気軽に~(^_^)