子育て「母性愛」のゴールは?

子育て「母性愛」のゴールは?


子どもたちが未来に希望を持ち
大人になることに憧れを抱けるような社会に。

そのために

私は
ママの幸せな生き方を応援しています。

今日も読んでくださりありがとうございます。

 

ママたちを
自己肯定感育み専門家に育てる専門家
プラチナ子育てアドバイザー
お母さん 澤田有心子です。

 

プラチナ子育ては

人生と子育てをゴールから考えることが
一つの特徴です。

 

子育ての目指すゴール
考えたことはありますか?

エーリッヒ・フロム
「愛するということ」の中の言葉を
抜粋してお届けします。
(本文P83~)

母性愛という観点で考えてみましょう。

 

母性愛の本質は
子どもの成長を気遣うことであり、

つまりは
子どもが自分から離れていくのを望むことである。

本当に愛情深い女性

すなわち
とるよりも
与えることにより
大きな幸せを感じ

 

自分の存在に
しっかり根をおろしている女性だけが

 

子どもが離れていく段階になっても
愛情深い母親でいられるのである。

 

愛情深い母親になれるかなれないかは、
すすんで別離に堪えるかどうか

そして

別離の後も変わらずに
愛し続けることが
できるかどうかによるのである

 

◆◆◆

 

私たち母は、

いつまでも・・・

死を迎えるまで
「母」でいられます。

でも、三人の息子たちを育て

二人が親元を離れていき今思うことは

「子育て」としてのゴールを
決める必要がある

ということです。

 

大学を卒業するまで
という時期ではなくて

その時の「在り方」を。

 

そこに
母性愛の本質在り。

 

子育て「母性愛」のゴール
母としての「在り方」は、

「子どもが
自分から離れていくのを望むことである。」

 

「子どもが
自分から離れていくのを望むことである。」

 

私はこの文に出逢った時
涙が流れてしまいました・・・

 

皆さんは
この言葉を読んで

何を感じますか?

 

よかったら
ご感想をいただけたら嬉しいです。

 

◆◆◆

 

 

自分と家族の人生を
LOVE STORYにする♪
プラチナ子育て

子どもたちが未来に希望を持ち
大人になることに憧れを抱けるような社会に。

 

そのために

私は
ママの幸せな生き方を応援していきます。

 

あなたとご家族の一日が
優しい一日になりますように♪

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

また書きます。

 


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、心地よさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す