思春期は、極悪罪悪感増殖計画遂行期???

思春期は、極悪罪悪感増殖計画遂行期???


 

M💖ther’s PRIDE

共に育てよう

〜母の誇り〜

 

イライラガミガミ。それも自己肯定感を育んでいる関わりの一つとも言える。えっ???ほんとよ。自分で罪悪感を作り、背負いすぎないでね。それも母性が強いという才能なんだ💖

 

 

コラボ企画

森のわらべ多治見園園長 浅井智子さん

「ゆみとも思春期講座」思春期こそ子育ての醍醐味

昭和区にて 9月22日(土)13:30~17:00 

詳細・お申し込みは、こちらから。

NPOウーマンプロジェクト東海代表 毛利理恵さんと

「カウンセラー養成講座第2期」名古屋・岐阜にて開催中

 

こんにちは。

 

親と子の心を繋ぐ専門家
元保育士 澤田有心子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

 

すがすがしいお天気に、気分も晴れやかです。

 

今週末の「思春期こそ子育ての醍醐味~ゆみとも講座」のことを考えていたら

 

わたしの子育てのいや、人生でキーワードとなる罪悪感が浮かんできたので
罪悪感について、今日は書こうと思います。

 

罪悪をどんどん引き寄せる、罪びとママ。

 

思い当たるママは、手をあげて~

「はい、は~い!!」って、過去の私が手をあげております(*^-^*)

息子が苦しんでいるようにみえた、中学時代。母として、何かできないかと試行錯誤しておりました。

 

そんな時に出逢う心理学。息子が元気になる可能性があるならば!!と(私が勝手に元気のない子と決めつけていたのですが)片っ端から学びたくなりました。

 

ゆみこ母ちゃんにとって一番苦しかったのは、息子が苦しんでいる時に、何もせずにいること。

 

私の育て方が悪くて、息子がふさぎ込んでいるのに、それに気が付いていながら、何もできない。何かしようとすると、うぜ~といわれ、関係がもっと悪化してしまう。そして、息子の元気がもっとなくなっていく。

褒めても叱っても、励ましてもダメ。子どもがこうなってしまたのは、私の育て方が悪いから。私の人間性が悪いから。私のせい、、、お母さんが罪を背負うよ・・・ごめんね息子。。。あなたは何も悪くない。

 

 

 

おいおーい!!

 

 

 

ゆみこ母さん

アホなことを。

それ、違うよ!

ちゃうちゃうー!!

うぜー!!

 

 

まさに、

ゆみこ母さんの暗黒期でした。

 

 

 

そんな時に出逢うのです。

 

ママが変われば

子どもも変わる。

 

一生懸命に、一生懸命に、変わろうとしました。

 

 

 

子どもを救うために。

(救う、なんてとても失礼な見方)

今の自分に×をつけまくって、ダメダメ星人にして。

 

 

この時の私と同じように考えて悩んでいるママもいるかな?

 

子どもからしたら。

 

俺は俺。

お母さんは、関係ないから

ほっといてくれよぉ

 

なのにね。

 

 

それが、その時の私の精一杯の愛情でした。

 

 

そして、どうなったかというと、、、

心理学、脳科学的に考えると、自己否定しながら変わろうとすると必ず爆発します。

案の定、優しくなって、爆発して、また、優しいママで頑張ろう!と奮起して、でもまた爆発、自己嫌悪・罪悪感。また立ち上がっては、爆発、自己嫌悪・罪悪感、どれだけ繰り返したかしら。。。

 

 

 

罪悪感と自己否定がセットとなり、

まさに、極悪罪悪感増殖計画を遂行していたかのような状態。

 

罪悪感の引き寄せ大成功!!

 

 

 

ダメダメ星人のママであるわけがないのに。

爆発している時なんて、一日にしたら、ほんの数分だし。

 

どこに罪があるのだか。。。
どこにも罪なんてないよね。

 

子どもも私も

幸せの中で自分を生きていた 

ただそれだけのことだった

 

 

 

 

そして、変化の時

 

私が、変わり始めたのは、こんな風に考えるようになってから

 

ママが変わっても、

子どもはわからないこともあるし

 

 

ママが変わらんでも、

子どもが変わることもある。

 

 

家族として、影響を受けることはあるけれど

 

子どもは、

子どもの人生を、目的、意志を持って

主人公として生きている。

 

お母さんの対応で

影響を受けることもあるし

受けないこともある。

 

 

 

そのことを引き受けるには、母性の強い私にとって、寂しさを覚えましたが、引き受けていくのが母となる道。

子どもの自立へ向けて、母子一体型から、母子分離へ。

母として寂しさを引き受ける、思春期の醍醐味の一つを味わう時期が来たのでした。

その上で、私に問いかけました。

 

 

 

子どもを変えることはできない。

でも、自分は変えていける。では、どう変えていく?

 

 

私はどうしたい?

 

 

 

そう問いかけると、息子のことを考えて、嫌々我慢してしていたことにも、「自分の軸」ができていきました。

 

 

外出を控える

息子のために

外出を控える、のではなく、

母として、私が、外出を控えたい!

 

自分が、選んでいる意識が育ち、感情の起伏も、大成功だった罪悪感増殖計画も落ち着いていきました。

そして、

だんだんと、お母さん、〇〇いきたいから行ってきま~す♪

シンプルに 自分の~したい♪ で行動できるようになっていきました。

 

結果、子どもも楽になっていった面があったと思います。

 

重い母さんが自分で作り出す罪悪感は、更なる深い罪悪感を引き寄せていました。どんだけ勝手に罪人母さんにしとったのか(汗)でも、次第に罪人母さんから卒業する兆しが見えてきたのでした。

 

現在進行形で、罪悪感に苦しんでいるママいらっしゃいますか?

 

今週土曜、13:30~ 昭和区 にて

 

私と同じように自分を責める時期を過ごし、でも今は「~したい」世界に住む
 森のわらべ多治見園園長 浅井智子さんと講座をお届けします。

 

 とっっっても素敵な方、会いに来て♥

 

罪悪感の強いママってね
実は、母性の才能があるの(*^-^*)
罪悪感を抱いている時点で、子どもたち幸せに育ってるよ。
私は、沢山のママたちと過ごしてきて、そう確信してる。
あなたの今の子育ての中から、ぴかぴか光るダイヤモンドみつけちゃうよ~♬

「ゆみとも思春期講座」思春期こそ子育ての醍醐味

昭和区 パピリカさんにて 9月22日(土)13:30~17:00 

詳細・お申し込みは、こちらから。

 

お待ちしております♪

 

 


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、心地よさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す