引き受けた先に見えた、美しさ。

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

引き受けた先に見えた、美しさ。


「普通が一番難しい」
結婚後、お姑さんに言われた言葉。

その時の私は、「普通」が一番?!
ありえない!
そんな人生、つまらなさすぎる。

そう思ったことを思い出す。

でも、今ならわかる。

この言葉に込められたお姑さんの愛情。

そして、
アドラー心理学を学んで、つくづくその通りなんだとわかる。

アドラーとお姑さんの「普通」は、
共通するところも違うところもあるけれど

「普通である勇気」

言葉だけでなく
この心に、確かに触れられている私がここにいることが嬉しい。

「不完全である勇気」
「普通である勇気」

この二つは、前提が違う、と私は感じてる。

🌸🌸🌸

同居20年を超えて
やっとわかることがある。

違っても、衝突しても、

互いのゴールがそこにあるならば

人は、きっと

「信頼しあい、協力でき、共に幸せになれる」

私だけ、この家で血が繋がらない。
私ばっかり、辛い思いをしてる。
私ばっかり、傷ついてる。
私ばっかり、私ばっかり。

お互いに悪口を言い合っていたであろうあの頃。

でも、あの頃でさえ

沢山沢山、許してもらっていた。
沢山沢山、受け止めてもらっていた。
沢山沢山、大切にしてもらっていた。

あの時に気づけなくて、

お義母さん
ごめんなさい。

そう素直に思う。

全て、私のメガネが作り出していたこと。
私は、そのことを引き受けた。

おかげで
沢山沢山、学ばせていただけた。

🌸🌸🌸

お義母さんに、ひょんな事から

「今まで至らず沢山迷惑かけました」

そんなことを伝えたら

「いやいや
由美子さんのしてきたことは、苦労だったよ」
「ありがとう」

思いもよらない言葉が返ってきた。

報われた瞬間だった。

同居20年。

振り返れば、そこに、家族としての愛おしい道ができていた。

 

🌸🌸🌸

私は、子どもたちに届けたいことがある。
これは、私の全ての講座も同じ。

私はその目的を明確に心において、

これからの人生
困難を克服する活力を与える勇気づけの捉え方を選んで

歩んでいくんだ。

🌸🌸🌸

 

今日も畑仕事をする お姑さん。

一般的な綺麗さとは(←ここ大切)程遠いいでたち

まさに田舎のおばあちゃん。

でも、私は、
そこに人間の本当の美しさがあるような気がしてる。

お母さんの背中を見て思う。

「お母さん、美しいよ」
「その美しさを教えてくれてありがとう」

お姑さんが、育てた玉ねぎ。
今日も美味しくいただこう。

IMG_7195


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、素晴らしさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す