森わらべ 多治見園・こどもの庭・森のたんけんたいの13名の皆さんと ☆第30期 エルム勇気づけ勉強会☆

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

森わらべ 多治見園・こどもの庭・森のたんけんたいの13名の皆さんと ☆第30期 エルム勇気づけ勉強会☆



こんにちは。愛知でアドラー心理学の勇気づけ子育てを軸に、☆  家族の絆 ・安心感 ☆ を応援しております 「Hidamally」の
親と子の心を繋ぐ専門家        澤田有心子です。
昨日は 多治見で、 「森のわらべ 多治見園」さんの第3期、11名のみなさんに合流して、可児市・美濃加茂市で活動しているの「こどもの庭」さんから1名様、春日井市で活動している「森のたんけんたい」さん からも1名様 ご参加いただき、計  13名の方々との 勇気づけ勉強会でした。
欠席のお二人も、次回お会いできること、楽しみにしています!
日々、森のようちえんの軸となる♪信じて、待つ♪  を基本に、子育てに向き合っているみなさんから、繋がりのあたたかいエネルギーを一杯  感じました。
また、園長の智ちゃんとサポート役・のりさん、はじめ、森わらの第1期・第2期の皆さんとの繋がりや、こどもの庭の代表ばばちゃんの顔も浮かび、
 received_907899629288611t02200146_0640042613252439540[1]1625685_577496735721970_4786831573895309065_n[1]
なんだか、私も、森のようちえんや、大好きな森わらのメンバーにいれていただけて開催できているような、嬉しい安心感とドキドキの責任感、何より アドラーの目指す共同体感覚を大きく感じながら進める私が生まれてきました(*´-`)
 多治見プレパーク浅井智ちゃんと♪
とても嬉しくてね、智ちゃんはじめ、皆さんに感謝しています。
 同じグループの方同士で学びを深め合って、どの章も「違い」に気づき、今までなかった視点が、それぞれ生まれ、ニコニコ笑顔がいっぱい! とても嬉しかったです(^_-)-☆
1章   さまざまな見方・考え方の違いを意識する。
では、他人をうけいれようとおもうと苦しいけれど「違いを認める」でいいのですね、楽になりました!とお伝えくださったことが印象に残っています。
2章は、聴き上手になる。
ここは、心のズレ。みなさん、楽しい話をしていたはずなのに、いつのまにやら。。。あれれのれー?!(笑)でしたね。そして、女優になるのも、苦しかった➰Σ(´□`;)
3章は、言い方を工夫しよう。
お願い口調で話しかけても、期待値が高かったら、コントロールしようとする心が伝わる、すると、あははのは~Σ(´□`;)(笑)
みなさん、うんうん、大きく頷いていましたね。
みんなで、今日も、学びながらニコニコ・ワハハハ~っ(^-^)
楽しみながらも、自分や周りの方の心を、大切に優しく、安心して見つめられる空気感、
次回も  みなさんと作っていきたいと思います。

は~楽しみです!ありがとうございました(^_-)-☆

空1


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、心地よさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す