保育士さん・幼稚園の先生向け研修会の ~ご感想~

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

保育士さん・幼稚園の先生向け研修会の ~ご感想~


自己肯定感(自尊感情)」について、感じたこと・気づいたことはありますか?(ランダムに記載)

○普段、「自己肯定感」という言葉を使う時があるのですが、改めて何だろう?と考えてみると、すぐに答えがでませんでした。今日のお話や話し合いの中で、深く考えることができ、自己肯定感についてや、具体的な保育の仕方など様々なことが勉強になりました。

 

○自己肯定感のお話の中で、養護と教育の関わりについて、自分が今まで感じていたことに対しての考え方が変わりました。気づけなかったこともあり、違う側面から見ることもできるようになり、楽になりました。

 

○認められる→安心感→優しい気持ちが持てる、という心の仕組みがすごくよくわかりました。

 

○受け入れてもらえているいう安心感を感じ、リラックスして話しができました。自己肯定感はこういう感覚なんだと意識できました。この感覚がこころにあると、自然に優しい気持ちが溢れて、人と折り合いをつけていくことも、次第に我慢ばかりではなくなっていくいう感覚も そうだな~と感じられました。

 

○言葉を聞くことはよくありましたが、深く考えたことはあまりなかったかも。。。しかし、今日参加させて頂き、沢山の学びがありました。

 

○子どもたちの自己肯定感の大切さがよくわかりました。

 

○保育の二分化で、自分がどちらに目を向けていたのかわかり、これからは、意識して、養護の面を大切にしてかかわっていきたいと思いました。

 

○自分を受け入れることをまず、心がけたい。

 

○子どもたちに対して、最近怒りを出していることが多かったが、いけないことではないと聞いただけで、安心感が持てました。

○怒ってしまう自分を責めていたところがあったけれど、自己肯定感を育む関わりを知ると、私、していたことがいっぱいあるじゃん!と、楽になりました。

 

 

明日からの保育にどういかしていけそうですか?(ランダムに記載)

○個人個人を尊重し、ありのままを受け入れていきたい。

○子どもに次の行動を促す時にも、「養護→教育」この流れを意識していきたい。

○室内を走ったり、おもちゃの遊び方が違う子に言葉がけを考えて関わっていきたい。

 

○怒りの後の言葉がけが足らなかったので、付け加えて子どもに伝えていきたい。

○安心感を与えるために、とにかく聴いてあげること・触れてあげること・気持ちを代弁して、自分の気持ちも伝えること・できないところではなく、できているところに注目したい。

○「褒める」と「勇気づける」の違いを学ぶことができたので、子どもに対しての言葉がけを意識して、保育していきたい。

 

○乳児担当なので、触れること・スキンシップを特に意識していきます。

○話を聴く時の相槌は、家庭でもやっていきたい。

○これからも、より意識して、子どもたちのこころに関わっていきたい。

 

○自分に対して、褒めることが苦手なのですが、自分の状態やモチベーションがよくないと子どもにも良い保育がしづらいと感じたので、まずは自分から始めていきたい。

○子どもの気持ちに寄り添い、認めてあげること。

○行動を言葉に表現することをしていきたい。

 

○行動を実況することも、注目することなので、実行していきたい。

○話を聴いてもらえて、とても嬉しかったので、保育でも意識していきたい。

○聴く・触れる・認めるを沢山していきたい。

 

その他 ご意見・ご感想

○とても楽しく、あっという間の2時間でした。

○とても勉強になりました。保育でも、家庭でも生かしていきたいです。

○知ることで、こんなに広がるんだと思いました。

○楽になり、子どもたちに会うのが楽しみになりました。

○わかりやすく実践につなげられそうでよかったです。

○勉強にもなりましたが、とても楽しい時間でした。

○色んな方と色んな話が出来、とても楽しかったです。

○心がとても暖かくなり、勇気づけもですが、心が解放され、帰りは、とてもウキウキした気持ちで一杯になります。

○「自己肯定感・勇気づけ」私自身、自分を見つめ直すことができ、職場での子どもとのコミニュケーション・自分の子どもとの関わり方・家族・人間関係が少しづつ、変わってきています。由美子先生のおかげです。本当にありがとうございます。

○参加することに戸惑いがありましたが、終わってみると参加できて本当によかったと思っています。学ぶことがたくさんでき、仕事とプライベートにいかせるようにしていきたいです。ありがとうございました。

 

先生方、たっくさんのご感想をいただき、本当にありがとうございました_(_^_)_

自己肯定感を大切にした 見方・捉え方・関わり方、広がっていきますように。

そして、

子どもたち・保護者・保育士・先生方の そして、社会の、豊かな毎日・未来に繋がっていきますように。

 

研修会のお申込みは、こちらからお願いいたします。

http://happykazoku.jp/page-191

 

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、心地よさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す