~自己肯定感を育むアドラー心理学の勇気づけ~ 私の活動への想い・願い

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

~自己肯定感を育むアドラー心理学の勇気づけ~ 私の活動への想い・願い


あなたの母性をプロデュース♡

〜悩むことを恐れないで。子育ての悩みは、心から芽吹くあなたの優気で、家族の幸せに姿を変える〜

アドラー心理学の勇気づけを軸に、家族の絆・安心感を応援しています。   親と子の心を繋ぐ専門家     澤田有心子です。

今日は、この思い、新たに届けたい!去年の記事、再アップします。いつものことながら、文章は荒削りなところもありますが、思いを込めて。

内気で強気 (どっち?!(笑))  ちっぽけな私のこの活動が、

子どもたちが安心できる心の居場所のある   「   Happy家族   」に繋がりますように。

そして、子どもたちが未来に希望を持ち、大人になることに憧れを抱けるような、明るく豊かな社会に!と強く希望を持ち、勇気を出して歩んでいます。

・世界では、戦争が止まず、戦後70年の日本も、憲法改正への動き。

・年間自殺者数が、三万人を越え、若者の年間自殺者数も  866人。

・毎日のように、殺人が起こる。

2015-08-18-19-48-40_deco

そんな世の中、わたしは、です。

この大元は、全て 同じ 始まりは、一人ひとりの、心の傷つきから起こっていると 私は 思っています。

わかってもらいたかった。

大切にされたかった。

愛してもらいたかった。

ただ、純粋に、自分らしく、安心して 生きたかった。

                               そこだと    思うのです。

安心を、平和を、戦って手にいれることは、できないですよね。

私には、大きなことは、できないけれど、大きなことも、小さなことを疎かにしたら、成り立つわけがないと思うのです。

今の私にできること、お役に立てること 精一杯させていただこうと

わたしは、

ここ、あま市の真ん中で、 ただ、ただ 、 ここにいて、愛と勇気を伝えよう。

「あなたは、大切にされていいよ」

「あなたは、愛されていいよ」

「安心できる心の居場所、あるよ」

って、思いを胸に 活動しています。

わたしは、アドラー心理学の理論を支える哲学

「人間は、善  である。~人間は、建設的な【役に立ちたい)生き物である~」

                               を、信じています。

どこまでも、人格否定をしない、だからこそ、厳しくもあり、だからこそ、そこまでも あたたかい

☆信頼・尊敬・共感から始まる ~自己肯定感・自尊心を大切に育む     勇気づけ~☆

この捉え方を、一人でも多くの方に、知ってほしいのです。知れば、取り入れていくのか、取り入れないのか そこから自分の意志で選んでいけるから。

知ることから、始まる。

親も子どものことを愛するがゆえ、子どもも親のことを愛するがゆえ、だからこそ、心のズレが生じてしまう。。。

でも、子どものことを怒っているときも、本当に伝えたいことは、お母さんは、怒っている!!ではないはず。

私も学ぶまで、自分の心の声、本当に伝えたい気持ちがあることに気づけなかったから。

この関わりだと、子どもには、怒っていることしか、伝わらない。大切な親を怒らせてしまう自分・罪悪感をもってしまうことも沢山。。。

結果、親も子も傷ついてしまう。傷つけあってしまう。本当はそこに、愛があるのに。。。

心の仕組みを知れば、伝えられる。本当に伝えたい気持ちは、誰しもとっても優しいよ。だから、心と心が繋がって、安心感のある関係になれる。

私は、バトルを繰り返していた息子との関係から、そう感じてる。これは、親子だけじゃなくて、人間関係全般に言えること。できれば、学校で、もっともっと、子どものうちに教えてほしいな。

まずは、親の私たち 知ろう。

人って、あったかいんだよ。みんなみんな、思いを持ってひたむきにいきている。

みんな、大切な大切な   命    だよ。

まずは、大人が感じて、そして、子どもたちへ、家族へ、届けていこう。

不器用な澤田の  熱い想いです。

images (47)

 

10年前の私は。。。

学ぶ10年前の私は、周りの目、評価ばかりを気にして、言いたいことも我慢して、やりたいことをしようとする時にも、石橋を叩いて。。。渡るどころか、壊しちゃう(爆)そんな私でした。

とにかく、人からどう見られるか、気にしてばかりいました。

でも、頑張りやさんでね。。。 その両極のエネルギーからの葛藤、ブレーキとアクセルをふかしながら、進むような。。。とてもくるしかったのです。

そんな私が、いつか私と同じように、生きづらさを抱えながらも、がんばっていきる方のお役に立ちたい!カウンセラーになるぞ!!    と夢を描き、行動を起こしてきました。

今では、自分軸で生きられるようになって、楽になり、その生きづらさも、「才能の一部」だったと 感じています。

なので、活動の動機も、 心が優しいからこそ、人を想い感じる心があるからこそ、自分を責めて、辛くなってしまう、だから、そんな素敵な人に、自分の愛らしに気づき、自分らしく堂々と羽ばたいていく、きっかけをお届けしていきたい!

と、願い方が変化していますよ。

そんな方々が、どうか

自分の素晴らしさに気づいて、自信をもって、自分の人生を生きていけますように!

自分に期待し、自分に希望を持ち、自分の未来に夢をもって歩んでいけますように!

どうか、そう自分に許可してあげらますように。。。

そのことを   強く、深く、あったかく、届けたいと 思っています。

みんなみんな、本質は「愛」だから。

人が怖かった私が、心理学を学び、沢山の方の心に触れさせていただき、そのことに気づかせていただけました。

そして、そう思えたとき、 なんとも、あたたかく心から溢れるものがあり、みえる世界が、かわることに、気づくことができました。

だから、私は、歩みます。

不器用だから、これからもどれ程、人に迷惑をかけ、どれ程、ずっこけて傷ついてしまうことがあるかもしれないけれど、

私は、歩むことをやめません。

・世界では、戦争が止まず、戦後70年の日本も、憲法改正への動き。 ・ 年間自殺者数が、三万人を越え、 若者の年間自殺者数も 866人。 ・毎日のように、殺人が起こる。

私は、そんな 社会は です。

人って、あったかいんだよ。 みんな、大切な大切な   命    だよ。

こどもたちへ、家族へ、届けていこう。

家庭に、みーんなが安心できる心の居場所がありますように。

この想い、必要な方に、届きますように。。。

あなたとの出逢いを、愛と勇気を心にお待ちしております。

image

                         「Hidamally」   代表    澤田有心子


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、素晴らしさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す