《~失敗しても自分を責めず、ヤセる​性格に変わろう!~②≫

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

《~失敗しても自分を責めず、ヤセる​性格に変わろう!~②≫



2016/05/30   あま市・名古屋市  雨。

おはようございます。皆さん、どんな朝を迎えていますか?   私は、早く起きてしまったのですが、ぐっすり眠れたようで、すっきりしています^_^

親と子の心を繋ぐ専門家
火曜日担当 澤田有心子です。

さて、今日は、メルマガ ダイエット記事 PART②

PART  1   は、こちら。

まず、おさらいから。

必ず、成功する

●アドラー心理学では、
人間は自分で自分を変える力を持っていると考えます。
変わらないのは、差し迫って変える必要がないから。

「決して、自分の能力がないからではないのです☆」


●勇気を持ち、自覚的な努力を続けていけば、どんな人でもダイエットは必ず成功します。

と書かれていました。

image

ダイエットできる性格に変わる方法

【1】変えるべき行動パターンを認識する
【2】「目的」と「目標」、「計画」と「手段」を確認
【3】周りに「ダイエット宣言」をする
【4】毎朝、決断する
【5】毎日、自分を勇気づける
【6】「不完全である勇気」を持つ
【7】劣等感を味方につける
【8】「イエス・バット」を「イエス・アンド」に
【9】自覚的に自己チェックを続ける

今日は【2】

「目的」と「目標」、「計画」と「手段」を確認する。

何のために、どうやってダイエットをするのか
具体的に確認しておくと継続しやすいということ。

私を例にして考えてくださいね。

私の場合

〇目的〇
醜い体系から、脱出。
着たい服を着て、女子力upするため。
女性ホルモン増産し、お肌もつやつや(笑)

〇目標〇
7月23日のバースデートークライブまでに
3キロ痩せて、〇〇㌔になる。

〇計画〇
カロリー制限と運動

〇手段〇変更しています!

①夜、炭水化物を制限する。
②19時30分までに食べる。
③腹筋・背筋・腕立てのどれか2つを、1日20〜30回する。
④気づいたときに、お腹にギュッと力を入れたり、緩めたりする。
⑤ランチの時には、ご飯を半分にする。

です。

image

 

皆さんはどんな目的で、ダイエットしますか?
そのための、目標・計画・手段は?
考えてみてくださいな(^_-)-☆

ダイエットの必要のない方も、他に目標があるとき
同じようにあてはめて、考えていただけたら嬉しいです♪

さあ、今週も一緒に、
ダイエット「すべき」を、楽しみ頑張りましょう♪

とはいえ、体重が変わっていない澤田です(*´з`)
もう少し、この手段で続けてみます♪
最後までお読みくださいまして、ありがとうございました^_^

 

 


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、心地よさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す