今、親が苦しくとも💖 千種区 お子様と一緒にSMILE 「体験を通じて学ぶ機会を与える」

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

今、親が苦しくとも💖 千種区 お子様と一緒にSMILE 「体験を通じて学ぶ機会を与える」


2016年2月19日(金)名古屋市 あま市  晴れ。アドラー心理学の勇気づけで、親子の絆を応援します。

親と子の心を繋ぐ専門家    元保育士    澤田有心子(本名  由美子)です。ご訪問ありがとうございます。

今日は、あったかいですよ〜   名古屋市。  先ほどこちらを終えました。

SMILE  第6章   体験を通じて、学ぶ機会を与える。

エルムとSMILEを学んでこられた皆様なので、勇気づけの意識も高まってきているなぁと感じています。

「でも、できないんだよなー」その言葉で「終わる」ことがなくなってきましたよね(o^^o)   その部分、ライングループ内でのお話も含め、皆で深めることができたなぁと感じています。

「できることを、できるときに、できるだけ」そのところをうーんと、見つけてあげましょうね💖

うまい断り方は?

そして、こちらは、断り方のワーク中の写真です。さぁ、うまく断れるかな?!

子どもは、ママの対応で、必ず何かを学んでいくのですが、短いロールプレイでも、子ども役のお母様は、何を学ぶのか、はっきりと感じてみえました。

私は断ることに罪悪感を感じていたので、以前は、断れないママでした。なので、気持ちわかるー(o^^o)と共感しました。

再受講のママは、さらりと、でも、子どもへの共感は忘れずに断ってみえました。子どもも傷つくことなく、仕方ないかーと感情と折り合いができていました。

「コツ」があるのです。ここを「知っている」のと、「知らない」のとでは、心の繋がりが全く違ってくると思います。そして、ママの心も楽になるはず!!

image

今、母として。〜私たちが苦しくとも〜

講座の中で、こんな話があがりました。

子どもが小さいので、こちらが、手をかして、あれやこれやしてしまった方が、その時は楽。

でも、思春期になり自立できていない子どもの未来を想像すると、子ども自身が苦しそう。

その時に、子どもが苦しむより、

勇気づけの関わりは、いろいろな葛藤・苦しさがあるけれど、

今、私たち母親が苦しくとも、自立を目指し、勇気づけの関わりをしてあげたほうが苦しくないと思う。その方がいい。

本当にその通りだと、私も思います。

ママの愛って、本当にあったかい💖優しいね🍀そう思いませんか?(o^^o)

いつも真心おやつが〜ありがたや〜💖

image

美味しかったー🍀ご馳走様でした💖

次回、第7章   新しい家族のあり方

岩井代表からの、信頼の世界へお引越しするために愛情がモリモリ込められた、きき厳しーい???文章がありますよー🍀お楽しみに〜(^o^)/

よろしくお願いいたします(*^^*)

ーーーーー

只今、こちら募集中です(o^^o)

親子でハッピー勇気づけ✨一緒に学びませんか?

image

⇧⇧⇧コラボの詳細、ご感想は、こちらから。

image

⇧⇧⇧リーダー養成講座の詳細、ご感想は、こちらから。

お申し込みは、こちらから。お待ちしております。

澤田有心子

 


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、心地よさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す