親と子の心を繋ぐ 母性(性)の生かし方 〜どう考えても痛くないと思うのに、足が痛いと言って歩いてくれない〜

澤田有心子(本名 澤田由美子) 著者:澤田有心子(本名 澤田由美子)

親と子の心を繋ぐ 母性(性)の生かし方 〜どう考えても痛くないと思うのに、足が痛いと言って歩いてくれない〜


2016年2月16日(火)  あま市・名古屋市  晴れ。おはようございます!

今日もアドラー心理学の勇気づけ子育てで、親子の絆を応援します!!

親と子の心を繋ぐ専門家     元保育士   澤田有心子です。

image

第二回目のぎゃーと泣いた時の1つの対応例を実験してくださったママから
嬉しい言葉をいただき、親子の笑顔か浮かび、嬉しかったです(o^^o)

今日はこちら。

  1. image

あくまでも対応例ですよ。

ママなりに、子どもの年齢に合わせて
子どもの世界の言葉に変換してみていただけたらと思います。
親子で笑顔になれる瞬間が積み重なっていくと
その変換が楽しくなると思います(o^^o)

子どもも大人も、正論で正されると
自分を否定された→守らなければ!!と、防衛本能が働き、

こんがらがってしまうこと、ありありですよね(^◇^;)

小さな子どもは、「嘘」が何かもわかっていませんから(*^^*)

「今ここ」の気持ちを満たすこと、わかってあげることを  大切にしてみてくださいね。

でも、安心してください!笑

わかってあげること   =   こどもの要求を聞き入れること   ではありませんよ^_^

まずは、心を開き、話ができる「間」を作ってあげをてほしいなぁと思っています。そこからの話し合いは、わりかし、いい感じになりますから❤️

少しでも、お役に立てたなら嬉しいです。

ーーー

只今募集中の企画です。

image

image

imageimage

お申し込みは、こちらから。

お待ちしております(*^^*)

澤田有心子

 

 

 


著者について

澤田有心子(本名 澤田由美子)

澤田有心子(本名 澤田由美子) administrator

保育士歴6年・幼稚園教諭歴3年・カウンセラー歴5年・男の子三人の母です。特技は水泳。バリバリのスイマー(笑)インストラクター歴も10年あります。 結婚後、育児・夫婦・両親・同居、沢山悩み、自己嫌悪と罪悪感に苦しみましたが、心理学・勇気づけに出会い、「自分」を諦めず「自分」に期待して生きる、心地よさに気づくことができました。そして、「人との繋がりの中で、自分を生きる」その安心感・幸福感を、今、しみじみと感じています。いつの間にか、4重「苦」が 4重「福」に(^_^) その経験を活かし ~ただ、ありのままに~ ママらしい子育て・家族の絆を応援しています。詳細はこちら

コメントを残す